ドキシフルリジン(代謝拮抗剤)

商品名(製造・販売会社)

  • フルツロン(中外製薬)

フルオロウラシルのプロドラッグで同剤よりも高い効果と副作用の軽減を目的として開発されました。体内に入ると腫瘍内でフルオロウラシルに変わり、遺伝子DNAの合成を妨げてがん細胞の分裂を阻害します。

進行または再発した胃がんや大腸がんでは、パクリタキセルやシスプラチンなどと併用されることがあります。

適応となるがん
胃がん、大腸がん、乳がん、膀胱がん、子宮頸がん

主な副作用
フルオロウラシルのプロドラッグなので、副作用の現れ方も基本的には同様です。激しい下痢や脱水症状をともなう腸炎、重度の骨髄抑制、間質性肺炎、肝障害、急性腎不全、急性膵炎などがあげられます。

使用上の注意点
抗ウイルス剤ソリブジンおよび同じ代謝拮抗剤であるTS-1との併用は、重い血液障害を引き起こす恐れがあります。また、抗てんかん薬のフェニトインや抗血栓薬のワルファリンカリウムと併用すると、これらの薬の作用が強まることがあります。