デキサメサソン(ホルモン剤)

商品名(製造・販売会社)

  • オルガドロン(日本オルガノン)
  • 酢酸デキサメタゾン(富士製薬工業)
  • セルフチゾン(昭和薬品化工)
  • デカドロン(萬有製薬)
  • デキサ・ママレット(昭和薬品化工)
  • デキサメサゾン(旭化成、大洋薬品工業)
  • デキサート(富士製薬工業)
  • デキサメゾサゾンエリキシル(日新製薬)
  • デキサメサゾンE(東和薬品)
  • ヒフメタ(新生薬品工業)
  • プロメタゾン(池田薬品工業)
  • ミタゾーン(東洋ファルマー)
  • メインベート(前田薬品工業)
  • メサドロン(小林化工)
  • メサデルム(大洋薬品工業)

人工的に合成された糖質コルチコイド(ステロイド)で、副腎皮質ホルモン剤の一種です。同種のプレドニゾロンより体内での滞在時間が長く、腫瘍に対する抗炎症作用も強いとされています。

抗がん剤の副作用に対する支持療法で使われる一方で、がん細胞のアポトーシス(自殺)を誘発することから、白血病などの血液のがんの治療薬として用いられています。
特に多発性骨髄腫では、VAD療法(ビンクリスチン+ドキソルビシン+デキサメタゾン)の1剤として使われています。

適応となるがん
白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫

主な副作用
ムーンフェイス(顔がむくんで丸くなる)、多毛、不眠、うつ状態、また感染症や高血糖、副腎皮質の機能の低下のおそれもあります。目がかすれて見えにくくなったり、緑内障や白内障を発症することもあります。

使用上の注意点
長期投与で免疫機能がかなり低下するので、注意が必要です。