メドロキシプロゲステロン(ホルモン剤)

商品名(製造・販売会社)

  • ヒスロンH(ファイザー、協和発酵工業)
  • プロゲストン(富士製薬工業)

女性ホルモン(エストロゲン)によって促進されるがん細胞の分裂を阻害することにより、抗がん作用を発揮します。とくに閉経後乳がんに使用されるほか、子宮体がんや男性の前立腺がん、副腎のがんに用いることもあります。

適応となるがん
乳がん、子宮体がん

主な副作用
最も注意が必要なのは血栓症で、脳梗塞や心筋梗塞、肺塞栓症などをひきおこすことがあります。一般的な副作用としては、乳房痛や月経異常、吐き気・嘔吐、肝機能低下、脱毛・多毛、しびれなどがみられます。

使用上の注意点
ほかのホルモン剤(黄体ホルモン、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモンなど)との併用は、血栓症を引き起こす恐れが高くなります。