トモセラピーは画像情報を利用した高精度の放射線治療です

放射線治療は、臓器の機能や形状を保ちながら治療ができるメリットがあります。その一方で、放射線を照射する際に、がん細胞だけでなく、周辺の正常組織にもダメージを与えてしまう副作用が大きな課題であり、複雑な形のがんや、神経をとりまくようにできている広範囲のがんなどは、これまで放射線治療での対応が難しいものもありました。

トモセラピーは、IMRTといわれる強度変調放射線治療の専用機で、複数のビームを組み合わせることで放射線の強弱をつけ、正常組織を傷つけることなく腫瘍部位を照射する画期的な装置です。

CT装置を内蔵し、放射線照射の計画表(分布図)の作成と治療が同じ機器でできるため、照射位置をきわめて正確に設定することができます。放射線を多く当てたい部分や少しでよい部分、避けたい部分の調節が自在にできるため、前述のようながんも病巣だけに照射することが可能となりました。

これまでの放射線治療機器と異なる点は、照射を「面」から「ピンポイント」に高め、さらに照射の部位や放射線量の設定をミリ単位で可能にしたということです。

また、搭載されたCTで治療用のCT画像の撮影も行い、治療時の正確な位置確認を行ないます。このCT画像は治療経過中の病変の縮小の確認やこの画像を基にした放射線量分布の確認修正を行なうことができるという優れた特徴を持っています。

高度な機器だけに、放射線専門医の高い操作技量が求められますが、患者さんにとっても痛みも苦しみもなく効果的な治療が期待できます。2003年にアメリカで開発され、日本での導入施設はまだわずかですが、これから大きな広がりが期待されています。