シタラビンオクフォスファート(代謝拮抗剤)

商品名(製造・販売会社)

  • スタラシド(日本化薬)

抗がん作用はシタラビンと同じですが、これは体内に入ってから活性化し薬効を生み出すプロドラッグです。DNAポリメラーゼのはたらきを阻害してDNA合成を妨げるピリミジン系代謝拮抗剤の一つです。

適応となるがん
急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群

主な副作用
骨髄抑制が顕著です。ほかに吐き気・嘔吐、発熱、食欲不振、倦怠感、肝臓障害などが現れる場合があります。また、間質性肺炎のおそれもあります。初期には咳や呼吸困難などの症状が現れます。

使用上の注意点
骨髄機能が低下している人、感染症にかかっている人は、本剤の作用により症状が悪化する可能性があります。また、肝障害のある人は、副作用が強く現れる恐れがあります。