セカンドオピニオンに関する記事の一覧

セカンド・オピニオンは、直訳すれば「第2の意見」で、その病状や治療法について、主治医以外の医師の意見を聞き、参考にすることです。主治医に診断や治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいる場合に参考にすれば、自身で納得して治療を選択することができます。

セカンドオピニオンとは
主治医以外の、複数の医師に意見を聞くことです。欧米先進国では、ごく当然の患者さんの権利として普及していますが、日本でもその重要性が言われ、セカンドオピニオン外来を開設する病院も増えてきました。

セカンドオピニオンを受ける際のポイント
医師は患者さんの状態や状況を聞いた上で、患者さんから提出された資料に基づいて判断をします。主治医に申し出て、検査結果などの資料を入手した上で受けるようにします。

セカンドオピニオンの準備と手順
セカンドオピニオンを正しく認識し、ルールに従って準備をしないと、相手先に受け入れてもらえなかったり、二度手間になったりします。納得のいくものにするためには、それなりの準備と心構えが必要です。