主治医以外の複数の医師に意見を聞くセカンドオピニオン

欧米先進国では、ごく当然の患者さんの権利として普及していますが、日本でもその重要性が言われ、セカンドオピニオン外来を開設する病院も増えてきました。

その背景には、医療の進歩に伴ってさまざまな治療法が生まれ、その結果、医師によって治療に対する考え方や判断が異なるということがあります。また、医師や病院それぞれに、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。

例えば手術をするにもしても、その手術にどんなリスクがるのか、他に選択肢はないのか、患者さんは十分に知った上で行なうということが重要です。

セカンドオピニオンは、患者さんの最適な治療を受ける権利を守ると同時に、医師にとっても誤診を回避するなどのメリットをもたらします。いわば医療の安全にもつながるものなのです。

とはいえ、セカンドオピニオンは、患者さんと医師の良好なコミュニケーションで進めなければ意味がありません。それには、受ける側、受け入れる側、双方に一定のルールが必要となります。