トモセラピーに関する記事の一覧

放射線の強弱をつけ、正常組織を傷つけずに腫瘍部位だけを照射することで注目を集めているトモセラピー。その特徴と対象となるがん、治療を受けることのできる病院を紹介しています。

トモセラピーとは
IMRTといわれる強度変調放射線治療の専用機で、複数のビームを組み合わせることで放射線の強弱をつけ、腫瘍部位だけをピンポイントで照射する画期的な装置です。

トモセラピーの特徴
病巣だけを集中的に照射することにより、副作用が軽減でき、治療期間の短縮化も期待できます。また、手術で問題となる感染症や麻痺などの合併症の危険がほとんどありません。通常の手術では危険が伴う、または年齢的に不安な患者さんも安心して治療を受けることができます。

頭頚部がんの治療
従来における頭頚部がんへの放射線治療は、正常組織の放射線量の制限によって、病変に十分に当てられないという限界がありました。トモセラピーを用いることで十分量の正確な放射線投与ができると同時に、正常組織の放射線を極めて低く抑えられ、非常に安全性の高い治療が可能になりました。

前立腺がんの治療
トモセラピーは、直腸への放射量を少なくしつつ、前立腺にはより多くの量を当てられるので、尿漏れや勃起不全などの後遺症なく手術と同等の治療成績を得られるようになりました。

トモセラピーを導入している病院
トモセラピーを導入している病院のリストです。放射線専門医の高い操作技量が求められることもさることながら、機械一台につき5億円の費用が掛かることもあり、全国的にも導入されている医療施設はまだわずかです。